花火の打ち方って?|2018今日の花火大会.com



 
トップページ > コラム > 花火の打ち方って?

花火の打ち方って?


花火の打ち方

花火の打ち方は詳しく説明すると複雑で難しいのですが、あえて簡略すれば以下の通りです。
まず、発射用の打ち上げ筒が必要です。筒を固定し、その中に花火玉を入れます。
花火玉の下には発射薬と呼ばれる火薬があり、打ち上げの際はその火薬に着火するように、筒の中に「落とし火」と呼ばれる火を投げ入れます。
着火後、筒の中の圧力が高まりますので、その圧力によって発射、その過程で花火本体にも着火し破裂するというイメージです。

花火はタイミングが重要

花火で一番重要なものはなんでしょうか?それはタイミングです。
いかに大きくて、いかに柄が凝っていてもタイミングがずれるとしらけてしまいます。
最近では発射のタイミングをコンピューターで制御することが多く、昔ながらの方法はあまり見かけなくなりました。
花火職人はコンピューターの画面を見て、タイミングなどについて四苦八苦しているようです。

このコラムを読んでいる人は、こんなコラムも読んでいます。

 

 
 


ページのトップへ